メニュー

よくあるご質問

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 業務案内 > 債権回収 > よくあるご質問 > 債権はいつまで請求できますか(消滅時効)

債権はいつまで請求できますか(消滅時効)

債権者が一定期間権利を行使されない場合、債務者は消滅時効を援用して、債権を消滅させることができます(民法167条)。これを消滅時効といいます。すなわち、債権を未回収のまま放置しておくと、いずれは請求できなくなります。
民法上、債権一般の消滅時効期間は10年と定められていますので、個人間(非商人間)の貸金や売買代金の消滅時効は10年間です。しかし、商行為により生じた債権の消滅時効期間は5年ですので、会社に対する貸付金の消滅時効は5年間となります。また、法律上、短い消滅時効期間が定められた債権もあります。例えば、身近なところですと、家賃は5年、賃金(給料)は2年です。

名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ