メニュー

よくあるご質問

よくあるご質問

キーワードから探す

離婚問題のよくあるご質問一覧

よくあるご質問

離婚にはどのような手続がありますか

主な手続として、協議離婚、調停離婚、裁判離婚があります。 協議離婚とは、離婚届を市町村の役場に提出する方法です。 調停離婚とは、家庭裁判所に離婚調停を申し立て、…

よくあるご質問

知らない間に離婚届を提出されないようにする方法はありますか

市町村役場に離婚届を受理しないように求める「不受理申出制度」があります。自分で離婚届に署名押印をしてしまったが、その後気が変わったような場合にも、この手続が利用…

よくあるご質問

離婚をしたい相手が遠方にいる場合、遠方の家庭裁判所に調停を申し立てなければいけませんか

離婚調停・離婚訴訟の管轄裁判所は、相手方の住所地の家庭裁判所か、相手とあらかじめ合意した裁判所になります。したがって、通常は遠方の家庭裁判所に調停を申し立てなけ…

よくあるご質問

相手が離婚に応じようとしない場合、離婚はできませんか

法律が定める「離婚原因」があれば、離婚できます。 離婚原因とは、①不貞行為、②悪意の遺棄、③3年以上の生死不明、④回復見込みのない強度の精神病、⑤その他婚姻を継…

よくあるご質問

不貞行為の証拠にはどのようなものが必要ですか

不貞行為とは配偶者以外の者と性的関係を結ぶことです。したがって、性的関係(肉体関係)があることを立証しなければならず、単に親密なメールのやりとりをしている事実や…

よくあるご質問

離婚をするときには慰謝料を請求できますか

 慰謝料は常に請求できるとは限りません。相手に責任があって、やむをえず離婚に至った場合、これを一種の不法行為と見て、離婚により被った精神的苦痛について損害賠償(…

よくあるご質問

相手の不貞行為によって離婚する場合、慰謝料の相場はどれくらいですか

婚姻期間の長さや不貞関係の態様、長さ等によって異なりますが、平均的に見れば150万円~300万円となることが多いかと思います。

よくあるご質問

夫名義のマンションについて、財産分与を請求できますか

婚姻期間中に夫婦の協力で得た財産については、名義にかかわらず財産分与の対象となります。ただ、ローンが残っている場合、不動産の価値からローン残額を差し引いて、残っ…

よくあるご質問

結婚後に相続した不動産がありますが、財産分与を請求されますか

結婚前から所有している財産や、結婚後に相続で取得した財産は、特有財産といって、財産分与の対象となりません。

よくあるご質問

将来支給される退職金について、財産分与を請求できますか

支給の蓋然性が高ければ、財産分与の対象になります。具体的な分与方法については、裁判例によって違いがあります。

名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ