メニュー

よくあるご質問

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 業務案内 > 個人の方 > 離婚問題 > よくあるご質問 > 知らない間に離婚届を提出されないようにする方法はありますか

知らない間に離婚届を提出されないようにする方法はありますか

市区町村役場に離婚届を受理しないように求める「離婚届不受理申出」という制度があります。
離婚届不受理申出書を市区町村役場に提出しておけば、知らない間に離婚届が出されることを防ぐことができます。
離婚届不受理申出に有効期限はありません。

 

詳しい解説

1 離婚届不受理申出制度とは

協議離婚は、夫婦が離婚に合意し、離婚届を市区町村役場に提出することで、離婚が成立します。
離婚届提出時に、夫婦が離婚に合意しているかを確認されることもありません。
簡易な手続きで離婚を成立させることができる一方、夫婦が離婚に合意していないにもかかわらず、離婚届が提出されてしまうリスクがあります。
このような危険を防ぐ方法として、離婚届の不受理申出制度があります。

2 離婚届不受理申出の活用例

協議離婚の成立には、離婚届を提出するときに、夫婦双方に離婚する意思が必要です。
したがって、離婚届不受理申出制度は、次のような事例で、活用することができます。
・離婚する意思がない、相手が離婚届を知らない間に提出してしまう可能性がある
・親権などの条件次第で離婚していいと思っているが、離婚条件の合意ができていない
・離婚していいと思い、自分で離婚届に署名押印をしたが、その後気が変わった

3 離婚届不受理申出の方法と効果・期限

申出人本人が、申出人市区町村役場(本籍地以外も可)の窓口に出向いて、離婚届不受理申出書を提出します。
離婚届不受理申出書が提出されると、申出人本人以外からの離婚届が受理されなくなります。
また、申出人本人以外が離婚届が提出しようとした場合、市区町村役場から、申出人に対し、離婚届の提出があったが不受理にした旨の通知がされます。
離婚届不受理申出書は、原則として郵送提出できません。
離婚届不受理に有効期限はなく、一度提出しておけば、申出人本人が取り下げるか、離婚届を提出しない限り、効果が継続します。

4 離婚届不受理申出したことを相手に知られるか?

離婚届不受理申出をした場合、市区町村役場などから、相手に対して、離婚届不受理申出があったことを通知されることはありません。
ただし、その後、相手が離婚届を提出しようとした場合に、受理されないことで、相手方は、離婚届不受理申出が出されていたことを知ることになります。
したがって、相手が何もしない限り、離婚届不受理申出をしたことを知られることはありません。

 

【関連記事】

離婚届の不受理申出【りこんとどけのふじゅりもうしで】

法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ