メニュー

よくあるご質問

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 業務案内 > 事業者・法人の方 > 不動産 > よくあるご質問 > 賃借人に退去してもらいたいと考えています。どのような場合に更新拒絶の「正当事由」が認められますか

賃借人に退去してもらいたいと考えています。どのような場合に更新拒絶の「正当事由」が認められますか

借地借家法28条では、建物賃貸借契約の更新を拒む場合には「正当の事由」が認められなければならないと規定しています。
正当の事由の有無の判断には、①賃貸人賃借人がその建物の使用を必要とする事情、②建物の賃貸借に関する従前の経過及び建物の利用状況、③賃貸人が建物の明け渡しの条件として又は建物の明け渡しと引き換えに賃貸人に対して財産上の給付をする旨の申出(いわゆる「立退き料」の支払いの申し出)をした場合におけるその申し出の内容を考慮して行います。
もっとも、実務上、まずは、賃借人の意向を聴取し、話し合いによる解決を図ります。

法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ