メニュー

よくあるご質問

よくあるご質問

キーワードから探す

債権回収のよくあるご質問一覧

よくあるご質問

債権はいつまで請求できますか(消滅時効)

債権者が一定期間権利を行使されない場合、債務者は消滅時効を援用して、債権を消滅させることができます(民法167条)。これを消滅時効といいます。すなわち、債権を未…

よくあるご質問

時効を中断するにはどうすればいいですか

債権の消滅時効の進行を止め、ゼロに戻すことを、消滅時効の中断といいます。中断された時効は、中断時から新たにゼロから起算することになります。消滅時効の中断は、①請…

よくあるご質問

連帯保証人には何が請求できますか

保証人は、「主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす責任を負う者」ですので、主債務者と同じ責任を負います。そして、連帯保証人には、催告の抗弁権(…

よくあるご質問

内容証明とは何ですか

内容証明郵便とは、差し出した郵便の内容を郵便局が証明する制度です。これと配達記録を合わせることで、請求や解除などの重要な意思表示がいつ相手に対して到達しているか…

よくあるご質問

公正証書作成のメリットを教えて下さい

公正証書は、公務員である公証人が公証人法・民法などの法律に従って作成する公文書です。公文書は、成立の真正が推定される(民事訴訟法228条2項)上に、公証人が関与…

よくあるご質問

支払督促とは何ですか

金銭等の請求について,債権者の申立てにより,その主張から請求に理由があると認められる場合に,支払督促を発する手続であり,債務者が2週間以内に異議の申立てをしなけ…

よくあるご質問

訴訟を提起したいのですが、どの裁判所にすればよいですか

訴えは、その事件について管轄を有する裁判所に提起する必要があります。まず場所的な管轄(土地管轄)の問題ですが、原則として被告の住所地を管轄する裁判所となります。…

よくあるご質問

相手の住所や居所が不明ですが、訴訟を提起できますか

訴えること自体は可能です。訴状には被告の最後の住所地を記載します。訴状や判決の送達が通常の方法ではできませんが、事情を疎明して公示送達の方法をとってもらうことが…

よくあるご質問

民事訴訟の通常の流れを教えてください

原告が訴状を提出すると、被告に送達され、第1回口頭弁論期日が指定されます。被告は期日に出席するように呼び出されます。また、被告には答弁書を出すように裁判所から指…

よくあるご質問

民事訴訟にはどのような費用がかかりますか。その費用は被告に負担させることができますか

訴えその他の申立には、裁判所が定める手数料がかかります。たとえば、300万円を請求する訴えであれば、2万円の手数料がかかり、訴状に収入印紙を貼って納付しなければ…

名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ