メニュー

取締役の責任

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > よくあるご質問 > 会社法務 > 取締役の責任 > 会社債権者ですが、取締役の放漫経営により、会社の経営が傾いて債権の回収が難しくなりました。取締役に対してどのような請求ができますか

会社債権者ですが、取締役の放漫経営により、会社の経営が傾いて債権の回収が難しくなりました。取締役に対してどのような請求ができますか

取締役は、職務を行うについて悪意又は重大な過失があった時には、これにより第三者に生じた損害を賠償する責任を負います(会社法429条1項) 取締役に放漫経営があった場合には、職務を行うについて悪意または重大な過失があったとして、債権者は取締役に対して損害賠償請求ができます。

名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ