メニュー

用語集

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 用語集 > た行 > 逮捕前置主義【たいほぜんちしゅぎ】

逮捕前置主義【たいほぜんちしゅぎ】

逮捕前置主義とは、被疑者の勾留の前には、必ずその被疑者が同一の事件について逮捕されていなければならないという主義・考え方をいいます。
 
日本の刑事事件では、この逮捕前置主義が採用されています(刑事訴訟法204条、205条)。
逮捕が最大72時間の身柄拘束であるのに対し、勾留は最大20日(一部の重大犯罪は23日)の身柄拘束です。
逮捕を経なくても、いきなり勾留が可能であるとすると、被疑者には非常な負担となりかねません。
また、被疑者を逮捕又は勾留するにあたっては、それぞれ逮捕状又は勾留状という令状が必要です。この逮捕状や勾留状は、裁判官が発付します。
つまり、勾留の前に、逮捕させることで、被疑者の身柄拘束について、二度の司法審査を経ることになります。
二重のチェックにより司法的抑制が徹底することになります。
逮捕前置主義は、以上のような理由から、採用されています。
 
 
関連問題 刑事弁護・刑事事件
法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ