メニュー

用語集

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 用語集 > は行 > 微罪処分【びざいしょぶん】

微罪処分【びざいしょぶん】

微罪処分とは、犯罪の捜査の結果を送検せず、警察限りで事件を終結させる処分のことをいいます。
 
微罪処分は、全件送致主義(刑事訴訟法246条本文)の例外です。
警察などの司法警察員が捜査をした場合、原則として、すべて検察官に捜査の結果を送致(送検)しなければなりませんが、犯罪の発生件数や検察官業務の効率性等に照らし、一定の軽微な犯罪については、警察限りで事件を終了させることが認められています。
 
微罪処分の対象となる犯罪は、あらかじめ検察官が指定する一定の軽微な犯罪に限られます。
微罪処分の対象となる犯罪の代表例として、万引き(窃盗)事件があります。
ただし、全ての万引き(窃盗)が微罪処分の対象となるわけではありません。
被害金額が少額であること、犯情が軽微であること、被害回復が行われたこと、被害者が処罰を希望していないこと、被疑者に前科前歴がないこと、被疑者が素行不良でないこと、偶発的犯行(犯行に計画性がないこと)であること、再犯のおそれがないことなども、微罪処分として処理するための要件となっています。
 
なお、検察官は、送検された事件や自身が捜査して覚知した事件について、起訴・不起訴の判断をしますので、微罪処分として送検されなかった刑事事件は、基本的にそれによって事件が終了し、起訴されません。
 
 
関連問題 刑事弁護 刑事事件
法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ