メニュー

業務案内

後遺障害等級認定の異議申立て

後遺障害等級認定とは

 後遺障害等級認定とは、交通事故の被害者が訴える症状固定後に残った症状や障害について、後遺障害に該当するか、後遺障害に該当する場合にはいずれかの等級に該当するかの認定を受けることをいいます。

 後遺障害は、障害の部位や程度に応じて第1級から第14級までの等級に分類されています。

 症状固定後に何らかの症状や障害が残ったとしても、後遺障害の認定がされない限り(「非該当」と認定された場合)、自賠責保険では、それらの症状や障害に対しては賠償の対象となりません。また、後遺障害の慰謝料や逸失利益などは、後遺障害等級に応じて損害額が算出されます。

 そのため、後遺障害等級認定は、加害者及び加害者の任意保険会社に対する損害賠償請求や、自賠責保険に対する保険金請求など、適正な損害賠償を受ける上で、非常に重要になります。

 

後遺障害等級認定の異議申立てとは

 後遺障害等級認定を申請すると、後遺障害に該当するか、後遺障害に該当する場合にはいずれかの等級に該当するかの認定がなされます。

 この認定結果に対して、例えば、後遺障害に該当しない(非該当)との判断や認定された後遺障害等級が低いなど、後遺障害等級認定の結果に不服がある場合、異議申立てを行うことができます。加害者の加入する自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)若しくは任意保険会社に対し、異議を申立て、異議が認められると、後遺障害等級認定が変更されます。
 弁護士法人中部法律事務所では、後遺障害等級認定の異議申立ても対応します。

 

後遺障害等級認定の流れ

 

1 交通事故発生 

 病院で診察を受け、損傷部位や症状を確実に医師に伝えましょう。

2 治療 

 治療の経過は、後遺障害等級認定の判断材料になります。

 痛みやしびれの有無、程度、部位など、自身の症状をしっかり医師に伝え、医療機関へ継続的に通院し、治療や必要な検査を受けましょう。

3 症状固定 

 症状固定の判断は、医師が行います。

4 後遺障害診断書の作成 

 医師が、後遺障害等級認定の判断資料となる後遺障害診断書を作成します。

5 後遺障害等級認定の申請 

 「事前認定」と「被害者請求」の2種類の申請方法があります。事前認定は加害者の保険会社が、被害者請求は被害者が、自賠責保険会社に対して申請する手続きです。

6 後遺障害等級認定 

 自賠責損害調査事務所が、原則として書類審査(カルテや画像資料、後遺障害診断書など)で後遺障害等級の認定を行います。

7 後遺障害等級認定の異議申立て(認定結果に不服のある場合)

 

 交通事故被害の適正な慰謝料・損害賠償の実現のために大切な後遺障害等級認定手続き・異議申立てを弁護士がサポートします。名古屋エリアににお住まい・お勤め・ご通学の方、名古屋エリアで交通事故に遭われた方は、身近でアクセス便利な名古屋駅前徒歩4分の弁護士法人中部法律事務所の弁護士にご相談ください。

 

●交通事故のページに戻る

●交通事故の損害賠償請求(示談・訴訟)  ●自賠責保険金請求  ●弁護士費用

法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ