メニュー

業務案内

相続登記

 相続登記とは、不動産の名義人が亡くなり相続が生じた場合の登記の名義変更です。

 

  • 父(母)が亡くなったので、父(母)所有不動産の名義を子供に変更したい
  • 相続登記が済んでいない土地・建物がある
  • 亡くなった叔父(伯父)、叔母(伯母)名義の不動産があるが、相続人が多数にわたるため、名義がそのままになっている  など

 このような場合、できるだけ早めに相続登記を行うことをお勧めします。

 相続登記は、相続税の申告のように期限が決められているわけではありません。しかし、将来売却したり担保に入れる場合には、必ず相続登記が必要となります。また、手続きを次の世代に先延ばしすることにより、相続人の数が増え、必要な署名・印鑑、書類をもらうのに苦労する場合があります。

必要書類

 相続によって不動産の名義変更をする場合、次の書類が必要です。原則として、全ての書類を当事務所にて取得、作成することが可能です。

法定相続分で登記する場合

  • 被相続人(亡くなられた方)の出生から死亡までの戸籍・原戸籍・除籍謄本
  • 被相続人(亡くなられた方)の死亡時の住所のわかる戸籍の附票又は住民票除票
  • 法定相続人全員の戸籍抄本
  • 法定相続人全員の住民票
  • 名義を変更する不動産の固定資産税評価証明書又は納税通知書(最新年度のもの)

法定相続分と異なる割合(単独相続を含む)で登記する場合

  • 被相続人(亡くなられた方)の出生から死亡までの戸籍・原戸籍・除籍謄本
  • 被相続人(亡くなられた方)の死亡時の住所のわかる戸籍の附票又は住民票除票
  • 法定相続人全員の戸籍抄本
  • 法定相続人全員の住民票
  • 法定相続人全員の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書(相続人全員の署名・実印での押印が必要)
  • 名義を変更する不動産の固定資産税評価証明書又は納税通知書(最新年度のもの)

遺言書により登記する場合

  • 遺言者の住民票の除票(本籍地の記載のあるもの)
  • 遺言者の死亡の旨の記載がある戸籍謄本
  • 名義を取得する相続人の戸籍謄本(遺言者との相続関係がわかるもの)
  • 名義を取得する相続人の住民票抄本
  • 名義を変更する不動産の固定資産税評価証明書又は納税通知書(最新年度のもの)

手続の流れ

無料相談
 無料相談で、登記の流れ及び費用等をご説明し、費用の見積書をお渡しします。
 分からないことはご遠慮なくお尋ね下さい。
司法書士に依頼
 ご依頼の際には、司法書士宛の委任状を頂戴します。
必要書類の収集
 必要書類を収集し、登記申請書類を作成します。
登記申請
 管轄の法務局に、登記手続を申請します。
登記完了
関係書類の納品
 登記完了後、登記識別情報通知書(権利証)等の関係書類を納品し、業務完了となります。

 

●相続問題のページに戻る

●遺言書作成  ●遺産分割  ●遺留分減殺請求  ●相続放棄  ●成年後見制度  ●弁護士費用
法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ