メニュー

債権回収全般

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > よくあるご質問 > 債権回収 > 債権回収全般 > 時効を中断するにはどうすればいいですか

時効を中断するにはどうすればいいですか

債権の消滅時効の進行を止め、ゼロに戻すことを、消滅時効の中断といいます。中断された時効は、中断時から新たにゼロから起算することになります。消滅時効の中断は、①請求、②差押え、仮差押え又は仮処分、③承認、によって生じます。
「請求」は裁判上の請求(訴訟など)であり、請求書を送付することではありません。実務的には、債務者に債務の存在を認める旨の書面を作成して貰い、「承認」によって時効中断する方法が有効です。
時効期間の経過が迫り、訴訟提起も間に合わず、「承認」も困難な場合、内容証明郵便で請求書を送付し、そこから6ヶ月以内に訴訟提起します。請求書の送付は前述のとおり「請求」にはなりませんが、「請求」を前提とする「催告」として6ヶ月間だけ時効期間を延長することができます。

名古屋事務所
春日井事務所
ご相談をお考えの方へ
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ