メニュー

よくあるご質問

よくあるご質問

キーワードから探す

相続問題のよくあるご質問一覧

相続放棄

相続放棄の取り消しや撤回はできますか?

相続放棄を行った場合、たとえ熟慮期間中であっても、原則として、相続放棄の取り消しや撤回はできません。 詐欺や脅迫によって相続放棄を行った場合など、相続放棄手続き…

遺言書作成

遺言が有効であるためには、どのような要件を満たす必要がありますか

遺言が民法上の効果を発生させるためには、遺言の作成方法が法律の定める要件を満していなければなりません。これに加え、遺言作成者が遺言作成時に遺言の内容を理解するに…

遺言書作成

遺言には、どのような種類がありますか

遺言の作成に通常用いられる方法として、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。また、病気で重体に陥ったり船舶や航空機の中で遭難したり、伝染病で隔離さ…

遺言書作成

自筆証書遺言を作成しようと考えていますが、パソコンで遺言書を作成した上で、署名部分だけは自書する方法で作成してもよいですか

自筆証書遺言は、「遺言者がその全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない」(民法968条)とされているので、ワープロやパソコン、代筆によって作成…

遺言書作成

遺言を作成したのですが、どうやって保管すればよいですか

遺言を改ざん・変造・隠匿されるのを防止するためにも、自宅の金庫、銀行の貸金庫、第三者に預ける等の方法により保管するのがよいでしょう。公正証書遺言を作成した場合に…

遺産分割

被相続人の死後、遺言が発見されたのですが、開けてしまってもよいですか

遺言が自筆証書遺言・秘密証書遺言である場合には、開封せずに、ただちに家庭裁判所において検認手続きを経なければなりません。遺言を原状で保全するためにも、相続人全員…

遺言書作成

日付の異なる遺言書が複数見つかった場合には、どの遺言書が優先するのですか

日付の異なる遺言書が複数見つかった場合には、日付が後の遺言書が優先します。前の遺言と後の遺言で矛盾抵触する記述がなされている場合、その部分については先にした遺言…

遺言書作成

遺言があったとしても、遺言と異なる内容の遺産分割をすることはできますか

相続人全員の同意があれば、遺言と異なる遺産分割をすることも可能です。

遺言書作成

遺言書を修正したいのですが、どうすればよいのでしょうか

遺言の訂正は、民法の定める要件に従って行わなければなりません。民法第968条〔自筆証書遺言〕 ① 自筆証書によつて遺言をするには、遺言者が、その全文、日附及び氏…

遺言書作成

遺言の内容が、ある相続人の遺留分を侵害している場合に、その遺言は無効となりますか

遺言により遺留分に反する相続分の指定がなされたとしても、その遺言が当然に無効となるわけではありません。遺留分の侵害を受けた相続人が、遺留分を侵害された範囲で遺留…

名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ