メニュー

用語集

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 用語集 > か行 > 公訴時効【こうそじこう】

公訴時効【こうそじこう】

公訴時効とは、犯罪行為が行われた後、一定期間経過した犯罪について、公訴を提起できないこととする制度をいいます。
 
公訴時効は、①時間の経過によって社会的影響が薄れ、処罰の必要性も小さくなること、②証拠が散逸し、訴追が困難になることを理由に、認められている制度です(刑事訴訟法第250条から同第255条参照)。
ただし、平成22年の刑事訴訟法改正により、人を死亡させた事件で、法定刑の上限が死刑に当たる犯罪(例:殺人罪(刑法199条)については、公訴時効が廃止されました。
また、同改正により、人を死亡させた事件で法定刑の上限が禁固以上の刑に当たる犯罪について、時効期間が伸長されています。
各犯罪の公訴時効の期間については、各法定刑の上限が、刑事訴訟法第250条第1項及び第2項各号のいずれに該当するかによって決まります。
 
公訴時効の進行は、犯罪行為が終わった時点から開始します(刑事訴訟法第253条)。
また、公訴時効の進行は、公訴の提起があった場合、停止します(同第254条)。さらに、犯人が国外にいる場合又は逃げ隠れているため有効に起訴状の謄本の送達若しくは略式命令の告知ができなかつた場合も、その国外にいた期間又は逃げ隠れしていた期間中、停止します(同法第255条)。
 
公訴時効時間が経過しているにもかかわらず、誤って公訴の提起がされた場合、訴訟条件を欠くことになり、免訴判決が言い渡され、訴訟は打ち切られます(同法第337条)。
 
 
関連問題 刑事弁護 刑事事件
法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ