メニュー

用語集

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 用語集 > は行 > 冒頭手続【ぼうとうてつづき】

冒頭手続【ぼうとうてつづき】

冒頭手続とは、刑事裁判において、公判の冒頭(最初)に行われる、人定質問、起訴状朗読、黙秘権の告知、罪状認否という一連の手続きをいいます。
刑事裁判は、大きく分けると①冒頭手続、②証拠調べ、③弁論、④判決言渡という4つの手続きが行われます。
 
冒頭手続は、上記のとおり、これらの手続きのなかで一番最初(冒頭)に行われる手続きをいい、被告人の同一性を確認(認定質問)し、当該裁判における審理のテーマを設定し(起訴状朗読)、重要な被告人の権利を確認し(黙秘権告知)、審理のおおまかな見通しを立てる(罪状認否)手続きです。
 
●人定質問
:裁判所が、起訴状に記載された氏名、本籍、住居、職業などから、被告人が人違いではないかどうかを確かめる手続きをいいます(刑事訴訟規則196条)。
●起訴状朗読
:検察官が、起訴状を読み上げる手続きをいいます(刑事訴訟法291条1項)。
●黙秘権告知:裁判長が、被告人の権利を説明する手続きをいいます(同条第3項)。
●罪状認否:
被告人及び刑事弁護人が、被告事件について陳述する手続きです(同条第3項)。具体的には、起訴状記載の事実の中に、間違っている部分がないか、(間違っている場合)どこがどのように間違っているのかを述べる手続きです。被告人が、起訴状記載の事実に間違いがないと認める事件を自白事件、起訴状記載の事実に間違いがあるとして、事実を争う事件を否認事件と呼びます。
 
 
関連問題 刑事弁護 刑事事件
法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ