メニュー

用語集

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > 用語集 > さ行 > 訴因変更【そいんへんこう】

訴因変更【そいんへんこう】

訴因変更とは、刑事裁判の係属中に、起訴状に記載された訴因または罰条を、追加・撤回・変更することをいいます。
 
訴因とは、刑事裁判において審判の対象となり、また、被告人にとっては防御の対象となる事実で、起訴状の「公訴事実」欄に記載された日時や場所、方法などの犯罪の具体的事実をいいます。
訴因変更は、このような訴因又は罰条を、刑事裁判の審理の途中で変更、追加、撤回することをいい、例えば、「○年○月○日、午前8時00分頃、○○において、○○を窃取した」として起訴された窃盗事件について、犯行時刻を「午前7時30分頃」などに変更することをいいます。
 
訴因変更がされると、変更された訴因が、新たな審判の対象及び被告人の防御の対象となります。
訴因変更が無制限に認められると、従前の審理が無駄になり、被告人にとっても不利益となるため、訴因変更は、「公訴事実の同一性を害しない限度」での変更に限られています(刑事訴訟法312条1項)。具体的には、訴因変更の前後で、基本的な事実関係が同じで、社会通念上同一事実をと認められなければなりません。
訴因変更は、①検察官が請求、裁判所が許可して行われる場合と、②裁判所が職権で訴因変更を命令する場合があります(同条第2項)。
訴因変更が行われると、被告人に訴因変更の事実が通知されます(同条第3項)。
検察官が訴因変更請求する場合、起訴のときに準じた手続きが取られます。具体的には、訴因変更申立書の提出、被告人への送達、公判期日における朗読などの手続きが取られます(刑事訴訟規則209条)。
 
 
関連問題 刑事弁護 刑事事件
法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ