メニュー

相続放棄

名古屋駅前の弁護士法人中部法律事務所 > よくあるご質問 > 相続問題 > 相続放棄 > 相続放棄の取り消しや撤回はできますか?

相続放棄の取り消しや撤回はできますか?

相続放棄を行った場合、たとえ熟慮期間中であっても、原則として、相続放棄の取り消しや撤回はできません。

詐欺や脅迫によって相続放棄を行った場合など、相続放棄手続きに問題があった場合、例外的に、取り消し(撤回)が認められます。

 

(詳しい解説)

被相続人(亡くなられた方)の相続開始を知ったときから3か月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述を行えば、相続放棄できます。

ですが、たとえ、この3か月以内であっても、一度相続放棄してしまうと、原則として取り消しや撤回はできません。

例外的に、相続放棄の取り消しや撤回ができる場合として、次のような場合があります。

・詐欺や脅迫によって相続放棄を行った場合

・未成年者が、法定代理人の同意を得ないまま、相続放棄を行った場合

・成年被後見人が、自ら相続放棄を行った場合

・成年後見監督人がいるのに、成年後見人又は成年被後見人が、成年後見監督人の同意を得ないまま、相続放棄を行った場合

・被保佐人が、保佐人の同意を得ないで相続放棄を行った場合

 

例外的に、相続放棄の取り消しや撤回ができる場合でも、追認できるときから6か月以内又は、相続放棄の時から10年経過すると、取り消しはできなくなります。

 

【参考条文】

民法第919条

  1. 相続の承認及び放棄は、第915条第1項の期間内でも、撤回することができない。
  2. 前項の規定は、第1編(総則)及び前編(親族)の規定により相続の承認又は放棄の取消しをすることを妨げない。
  3. 前項の取消権は、追認をすることができる時から6箇月間行使しないときは、時効によって消滅する。相続の承認又は放棄の時から10年を経過したときも、同様とする。
  4. 第2項の規定により限定承認又は相続の放棄の取消しをしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ