メニュー

業務案内

遺留分減殺請求

 遺留分とは、相続人が有する一定割合の相続財産を取得する権利をいいます。

 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分を有しています。具体的には、相続人が直系尊属のみの場合、相続人は、被相続人の財産の1/3×法定相続分の遺留分を有しています。それ以外の場合は、相続人は、相続人の財産の1/2×法定相続分の遺留分を持っています。
 もし、あなたが遺留分の権利者であるのに、全く遺産が分けて貰えない、若しくは、極端に少ない場合には、他の相続人からこの遺留分を取り戻すことができます。遺留分の権利者が、遺留分を取り戻す請求をすることを、遺留分請求や遺留分減殺請求といいます。

 遺留分の問題は、名古屋駅前徒歩4分の当事務所(弁護士)にご相談下さい。

 

遺留分減殺請求の例

 例えば、(相続人が子2名の場合)被相続人の父が相続人の長男に遺産の全て1,000万円を生前贈与若しくは遺言で相続させた場合に、二男は長男に対して遺留分減殺請求をすることで、相続財産の一定割合(1,000万円×1/2×法定相続分=250万円)を取り戻すことができます。
 

 

依頼するメリット

 遺留分減殺請求には、その前提である遺留分額の計算やその請求方法等多くの難しい問題があります。

 また、遺留分減殺請求を調停や訴訟において行う場合、それらに関する適切な主張立証をする必要があります。
 当事務所に依頼した場合、相続問題の専門家である弁護士があなたの意向をお伺いした上で、調停や訴訟において適切な主張立証を行い、あなたの権利を実現します。

 

遺留分減殺請求の流れ

遺留分減殺請求の流れの図

●相続問題のページに戻る

●遺言書作成  ●遺産分割  ●相続放棄  ●相続登記  ●成年後見制度  ●弁護士費用

法律トラブルでお困りの方は、弁護士法人
中部法律事務所にご相談ください。
交通事故、債務整理、相続、離婚、不動産トラブル、債権回収、刑事弁護など、無料法律相談・電話相談実施中。名古屋駅徒歩4分。毎週土曜営業。
名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)

ページ上部へ